一文惜しみの百知らず

【読み】 いちもんおしみのひゃくしらず
【意味】 一文惜しみの百知らずとは、目先のことに心を奪われて、後で大損することに気づかないことのたとえ。

【一文惜しみの百知らずの解説】

【注釈】 一文ほどのわずかな金を惜しんだばかりに、後で百文もの大損をする愚かさをいった言葉。
「一文」は、江戸時代の最小単位の貨幣一枚のこと。
「一文吝みの百知らず」とも書く。
「一文吝みの百損」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 一文惜しみの百失い/一文拾いの百落とし/一文儲けの百失い/一銭惜しみの百知らず/小利をむさぼって大利を失う
【対義】 損して得取れ
【英語】 Penny-wise and pound-foolish.(小金には賢いが大金に愚か)
Lose not a hog for a halfpenny worth of tar.(半ペンス分のタールを惜しんで羊を死なすな)
【用例】 「そんなはした金を出し惜しみしたおかげで、大きな取り引き先の信用をなくすとは、まさに一文惜しみの百知らずだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス