一難去ってまた一難

【読み】 いちなんさってまたいちなん
【意味】 一難去ってまた一難とは、一つの災難を逃れてほっとしている暇もなく、新たに別の災難が降りかかること。また、次々と災難に見舞われて困惑すること。

【一難去ってまた一難の解説】

【注釈】 「一難」の「難」は困難や災難の意味で、ほっとする間もなく続いて別の難が襲いかかることをいう。
「一難去ればまた一難」「一難去れば一難来る」ともいう。
【出典】
【注意】 「一難過ぎてまた一難」「一難過ぎればまた一難」は誤り。
【類義】 追っ手を防げば搦め手へ回る/虎口を逃れて竜穴に入る/前虎後狼/前門の虎、後門の狼/火を避けて水に陥る/禍去って禍また至る
【対義】
【英語】 To take one foot out of the mire and put in the other.(片足をぬかるみから抜き出し、片足をぬかるみに踏み入れる)
If the Bermudas let you pass, you must beware of Hatteras.(バミューダ諸島を無事通過したら、ハッテラス岬に気をつけねばならない)
【用例】 「父親が肺がんを患って入院した。手術も無事に終わったところで、今度は母親の大腸がんが見つかった。一難去ってまた一難だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス