一念天に通ず

【読み】 いちねんてんにつうず
【意味】 一念天に通ずとは、物事をなしとげようとする強い信念があれば、その心は天に通じ、必ず成就するということ。

【一念天に通ずの解説】

【注釈】 「一念」は、一途に思いを込めること。決意。
【出典】
【注意】
【類義】 蟻の思いも天に届く石に立つ矢一念岩をも通す思う念力岩をも通す/志ある者は事ついに成る/精神一到何事か成らざらん為せば成る、為さねば成らぬ何事も/蚤の息さえ天に昇る
【対義】
【英語】 Care and diligence bring luck.(専心と勤勉は幸運をもたらす)
【用例】 「一念天に通ずで、彼女は難しい偉業をなしとげた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス