一粒万倍

【読み】 いちりゅうまんばい
【意味】 一粒万倍とは、わずかな元手から多くの利益が上がることのたとえ。また、わずかなものでも無駄にしてはいけないという戒め。

【一粒万倍の解説】

【注釈】 一粒の種を撒けば、それが実って何倍もの粒になるということから。
『報恩経』に「世間利を求むるは、田を耕す者より先なりはなし、一を種えて万倍す」とあるのに基づく。
稲の別称でもある。
【出典】 『報恩経』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「皆が一粒万倍の気持ちで仕事に臨めば、やがて大会社になるだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス