一陽来復

【読み】 いちようらいふく
【意味】 一陽来復とは、冬が終わり、春が訪れること。また、不遇のときが続いた後、幸運に向かっていくこと。

【一陽来復の解説】

【注釈】 もとは易の語で、陰暦の十月に陰の気が極まり、十一月の冬至になると陽の気が復(また)めぐってくるの意味から。
『易経・復・本義』に「此に至り、七こうして一陽来復す、乃ち天運の自然なり」とあるのに基づく。
【出典】 『易経』
【注意】 「一陽来福」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 The darkest hour is before the dawn.(夜明け前が一番暗い)
【用例】 「あれから三年が過ぎ、一陽来復の兆しが見えてきた」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一陽来復(いちようらいふく)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一陽来復の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス