家貧しくして孝子顕る

【読み】 いえまずしくしてこうしあらわる
【意味】 家貧しくして孝子顕るとは、家が貧しいと子供が親を助けようと働くようになり、子の善行が世間に知られるようになる。逆境になると誠実な人間が表面にあらわれるということ。

【家貧しくして孝子顕るの解説】

【注釈】 家庭が貧乏だと、子供は家計を助けるためによく働くことから、逆境のときこそ子の善行が世間に知られるということ。
『宝鑑』に「家貧しくして孝子顕れ、世乱れて忠臣を識る」とあるのに基づく。
「孝子」とは、親孝行な子のこと。
「家貧しくして孝子出ず」ともいう。
【出典】 『宝鑑』
【注意】 親孝行な子は貧しい家からしか出ないという意味で使うのは誤り。
誤用例 「地元で有名なあの財閥の放蕩息子には世話が焼けるものだ。家貧しくして孝子顕るというが、裕福な家庭に親孝行な子供はいないものだね」
【類義】 国乱れて忠臣見る/世乱れて忠臣を識る
【対義】
【英語】
【用例】 「家貧しくして孝子顕るとは言うけれど、うちの息子はまさにそうだ。それまでは好き勝手に生きていたのに、父親が亡くなってからというもの頼れる我が家の大黒柱になってくれた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス