怒りは敵と思え

【読み】 いかりはてきとおもえ
【意味】 怒りは敵と思えとは、怒ることは自分の身を滅ぼすことになるから、慎むべきだという戒め。

【怒りは敵と思えの解説】

【注釈】 徳川家康の遺訓にあることばで、怒りは必ず相手の怒りや恨みを招き、結局は自分の身を滅ぼすことになるということから。
【出典】
【注意】
【類義】 怒りは愚かな者の胸に宿る
【対義】
【英語】 Anger and heartsease are utter enemies.(怒りと安心は仇敵)
【用例】 「気持ちはわかるが何の足しにもならない。怒りは敵と思えだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス