生き馬の目を抜く

【読み】 いきうまのめをぬく
【意味】 生き馬の目を抜くとは、すばしっこく人を出し抜き、抜け目がなくて油断できないさまのたとえ。

【生き馬の目を抜くの解説】

【注釈】 生きている馬の目を抜き取るほど、すばやく抜き取ってしまうほの意味から。
【出典】
【注意】 驚きの形容で使うのは誤り。
誤用例 「予想外の展開に、彼は生き馬の目を抜くほど驚愕していた」
【類義】 生き牛の目を抉る/生き牛の目を抜く
【対義】
【英語】 Water sleeps, the enemy wakes.(水は眠っても敵は眠らず)
※ 「油断もすきもない」という意味。
【用例】 「生き馬の目を抜くような敏腕営業マンでも、彼は人間味に欠けているから信用できない」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

生き馬の目を抜くの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス