一攫千金

【読み】 いっかくせんきん
【意味】 一攫千金とは、一度にたやすく巨額の利益を得ることのたとえ。

【一攫千金の解説】

【注釈】 ひとつかみで大金を得るということから。
あまり苦労をせずに、ちょっとした仕事でやすやすと大金を手に入れることにいう。
「一攫」とは、一つかみという意味。
「攫」が常用漢字でないことから、「つかむ」に近い「得る」の意がある「獲」の字を代用し、「一獲千金」と書くこともある。
「千金」とは、千両。大金のこと。
【出典】
【注意】 一度に大きな利益を得るという意味なので、地道に努力して儲けることに使うのは誤り。
誤用例 「長年の努力が実って、一攫千金を手に入れることができた」
【類義】 一攫万金/濡れ手で粟/濡れ手で粟のぶったくり
【対義】 一擲千金/一擲百万
【英語】 To become wealthy at a single bound.(一回の勝負で金持ちになる)
【用例】 「一攫千金を夢見て競輪場へ通ったが、結局は借金ができただけだった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス