一刻千金

【読み】 いっこくせんきん
【意味】 一刻千金とは、わずかな時間が大切であることのたとえ。貴重な時間や楽しい時間が過ぎ去りやすいことを惜しむことば。

【一刻千金の解説】

【注釈】 「一刻」とは、わずかな時間のこと。
「千金」とは、千両、大金のこと。転じて、非常に価値があること。
蘇軾の詩『春夜』に「春宵一刻直千金、花に清香有り月に陰有り(春の夜の趣は千金に値するほどすばらしい。花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる)」とあるのに基づく。
【出典】 蘇軾・詩『春夜』
【注意】 「一攫千金」と混同し、一度に巨額の利益を得る意味で使うのは誤り。
誤用例「一刻千金を狙って一か八かの賭けに出た」
【類義】 一寸の光陰軽んずべからず光陰矢のごとし春宵一刻値千金時は金なり
【対義】
【英語】 Time is money.(時は金なり)
【用例】 「一刻千金にも値する素晴らしいライブだった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス