殷鑑遠からず

【読み】 いんかんとおからず
【意味】 殷鑑遠からずとは、いましめとなる手本は、古いものや遠くのものを捜さなくても、ごく身近にあるということのたとえ。また、身近にある他者の失敗例を、自分のいましめにせよということ。

【殷鑑遠からずの解説】

【注釈】 「殷」は中国古代の王朝。
「鑑」は「鏡」のことで、手本という意味。
殷の紂王が滅びたのは、殷の前代の夏の桀王の悪政を戒めとしなかったからだという故事に基づく。
『詩経・大雅』の詩句「夏后の世に在り(夏の世に前例がある)」から。
「商鑑遠からず」とも。
【出典】 『詩経』
【注意】
【類義】 後車の戒め/上手は下手の手本、下手は上手の手本/前車の覆るは後車の戒め他山の石他山の石以て玉を攻むべし人こそ人の鏡/人の上見て我が身を思え/人の振り見て我が振り直せ/人を鑑とせよ/人を以て鑑と為す/覆車の戒め/覆轍
【対義】
【英語】
【用例】 「殷鑑遠からずで、自分は絶対に兄と同じあやまちは犯さない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス