命あっての物種

【読み】 いのちあってのものだね
【意味】 命あっての物種とは、何事も命があってこそ初めてできるものだというたとえ。

【命あっての物種の解説】

【注釈】 何事も、命あってのことだから、命の危険にかかわることは避けるべきだということ。いかなるときでも命は大切にすべきだという戒め。
「物種」とは、物事の元になるもののこと。根源。
後に「畑あっての芋種」と続けて語呂を合わせた言い方をすることも。
「命が物種」「命こそ物種」ともいう。
【出典】
【注意】 「物種」を「物だ(助動詞)ね(助詞)」とするのは誤り。
誤用例 「なんだかんだ言っても、結局は命あってのものだねえ~」
【類義】 命あっての事/命に過ぎたる宝なし/命は宝の宝/命は法の宝/死んで花実が咲くものか/身ありての奉公
【対義】 命は鴻毛より軽し/命より名を惜しむ/虎穴に入らずんば虎子を得ず
【英語】 While there is life, there is hope.(生きている限り希望がある)
He that fights and runs away may live to fight another day.(戦って逃げる者は、生き延びて他日にまた戦う機会がある)
There is alwyays life for a living man.(生きている人間にはいつも命がある)
【用例】 「好きなことをして生きるとはいっても命あっての物種なのだから、少しは体の健康も考えたほうがよいと思うよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス