命長ければ恥多し

【読み】 いのちながければはじおおし
【意味】 命長ければ恥多しとは、長生きすればする程、それだけ恥をかく機会も多いということ。

【命長ければ恥多しの解説】

【注釈】 『荘子』に「男子多ければ則ち懼れ多し。富めば則ち事多し。寿ければ辱め多し(男の子が多ければ心配事が多い。金持ちになれば面倒事が多い。長生きすれば恥をかくことが多い)」とあるのに基づく。
【出典】 『荘子』
【注意】
【類義】 長生きは恥多し
【対義】 命長ければ蓬莱に会う/命長ければ巡り逢う
【英語】 Long life has long misery.(長生きするとみじめな思いをすることが多い)
【用例】 「あの年齢まで現役を続けることは大変なことだろうが、戦績は散々だ。命長ければ恥多しだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス