犬も歩けば棒に当たる

【読み】 いぬもあるけばぼうにあたる
【意味】 犬も歩けば棒に当たるとは、でしゃばると思わぬ災難にあうという戒め。また、じっとしていないで、何でもいいからやってみれば思わぬ幸運にあうことのたとえ。

【犬も歩けば棒に当たるの解説】

【注釈】 「棒に当たる」とは、人に棒で殴られるという意味。
本来は、犬がうろつき歩いていると、人に棒で叩かれるかもしれないというところから、でしゃばると災難にあうという意味であった。
現在では、「当たる」という言葉の印象からか、何かをしているうちに思いがけない幸運があるという、反対の意味で使われている。
『江戸いろはかるた』の第一句。
「犬も歩けば棒に会う」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 歩く足には泥がつく/歩く足には棒あたる/歩く犬が棒にあたる
【対義】
【英語】 The dog that trots about finds a bone.(歩きまわる犬は骨を見つける)
The waiking dog finds a done.(犬も歩けば骨に会う)
The beast that goes always never wants blows.(歩きまわる獣はいつも叩かれる)
【用例】 「犬も歩けば棒に当たるというから、片っ端からオーディションを受けてみた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス