犬に論語

【読み】 いぬにろんご
【意味】 犬に論語とは、道理の通じない者には、何を言ってもむだであるということのたとえ。

【犬に論語の解説】

【注釈】 犬に論語を説いても、少しもわからないことから。
どんなに良い教えであっても、わからない者にはあらがたみがわからないから無駄だということ。
【出典】
【注意】
【類義】 犬に小判/犬に念仏猫に経/兎に祭文/牛に経文/牛に麝香/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/馬に経文/馬の耳に風馬の耳に念仏/馬の目に銭/蛙の面に水/猫に石仏/猫に胡桃をあずける/猫に小判馬耳東風豚に真珠豚に念仏猫に経
【対義】
【英語】
【用例】 「偏った考えしか持たない彼に、何を言っても犬に論語というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス