一敗地に塗れる

【読み】 いっぱいちにまみれる
【意味】 一敗地に塗れるとは、二度と立ち上がれないほど、徹底的に打ち負かされること。

【一敗地に塗れるの解説】

【注釈】 「一敗」は、一度の勝負で完全に敗北することを表し、「地に塗れる」は、戦死した者の内臓が地面に散らばって泥にまみれるという意味。
区切りは「一敗、地に塗れる」。
『史記・高祖本紀』にある故事「今将を置くこと善からずんば、一敗、地に塗れん」に基づく。
「一敗地に塗る(まみる)」とも。
【出典】 『史記』
【注意】 僅差で敗れた場合に使うのは誤り。
誤用例 「一時は同点まで追いついたのに、最終回で一敗地に塗れた」
「一敗」を「一杯」、「地」を「血」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「一敗地に塗れ、再起不能に陥った」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス