一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う

【読み】 いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう
【意味】 一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂うとは、群集はたやすく暗示にかかりやすく、一人が騒ぐとそれにつられて騒ぎ出す。付和雷同しやすい群集心理のたとえ。

【一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂うの解説】

【注釈】 「一匹狂えば千匹の馬も狂う」「一匹狂えば千匹狂う」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 一人虚を伝うれば万人実を伝う/一鶏鳴けば万鶏歌う/一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ/一犬虚を吠ゆれば万犬実を伝う/鴨のとも立ち/雁が立てば鳩も立つ
【対義】
【英語】
【用例】 「一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂うで、彼の発言につられて皆が騒ぎ出した」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス