色気より食い気

【読み】 いろけよりくいけ
【意味】 色気より食い気とは、色欲よりも食欲が先決であることのたとえ。また、表面よりも中身を重んじることのたとえ。

【色気より食い気の解説】

【注釈】 外見をきれいにして異性の気をひく恋愛よりも、おいしいものを食べたい気持ちのほうが強いことから。
転じて、外見上のことよりも実益を気にするという意味でも使われる。
「色気よりも食い気」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 一中節より鰹節/恋するより徳をしろ/詩を作るより田を作れ/花の下より鼻の下/花より団子/理詰めより重詰め
【対義】
【英語】 To love cake rather than love make.(恋をするよりもケーキが好き)
【用例】 「彼女はいつも色気より食い気で、さっぱりボーイフレンドができない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス