色の白いは七難隠す

【読み】 いろのしろいはしちなんかくす
【意味】 色の白いは七難隠すとは、色白の女性は顔かたちに多少の欠点があっても、それを補って美しく見えるということ。

【色の白いは七難隠すの解説】

【注釈】 色の白い人は他にさまざまな欠点があっても、色白なせいで目立たないということ。
「七難」は、多くの欠点・難点のこと。
「色の白いは十難隠す」とも。
【出典】
【注意】 七難の「難」を「災難」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「色の白いは七難隠すと言うから、娘が災難にあうこともないに違いない」
【類義】 髪の長いは七難隠す/米の飯と女は白いほど良い
【対義】 色の黒きは味よし
【英語】
【用例】 「色の白いは七難隠すというが、顔の造りは平凡なのに、彼女はとてもかわいく見える」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス