色は思案の外

【読み】 いろはしあんのほか
【意味】 色は思案の外とは、男女間の愛情や恋情は、常識でははかれないということ。

【色は思案の外の解説】

【注釈】 どんな人でも、とかく恋愛のこととなると理性を失いがちになり、理屈や常識では割り切れないということ。
「思案の外」とは、思慮分別とは別のものという意味であり、非常識や無分別な言動をさす。
【出典】
【注意】
【類義】 色は心の外/色は分別の外/孔子も倒るる恋の山/恋の山には孔子の倒れ/恋の闇/恋は曲者/恋は思案の外/恋は人の外/恋は盲目
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女は十年付き合っていた恋人と別れて、出会って間もない男性と結婚したそうだよ。色は思案の外だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス