入るを量りて出ずるを為す

【読み】 いるをはかりていずるをなす
【意味】 入るを量りて出ずるを為すとは、収入がどれくらいあるか正確に計算してから、それに釣り合った支出の計画を立てるべきだということ。

【入るを量りて出ずるを為すの解説】

【注釈】 「入るを量りて出ずるを制す」ともいう。
【出典】 『礼記』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 One ought to make the expense according to the income.(人は収入に応じた支出を考えるべきである)
Spend as you get.(収入に応じて支出をせよ)
【用例】 「入るを量りて出ずるを為す事ができていないから、いつまで経っても貯金がたまらない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス