石橋を叩いて渡る

【読み】 いしばしをたたいてわたる
【意味】 石橋を叩いて渡るとは、用心の上にさらに用心を重ねて物事を行うこと。

【石橋を叩いて渡るの解説】

【注釈】 壊れるはずのない強固な石の橋を、一応叩いて安全性を確かめて渡ることから、用心し過ぎるほど用心深くなることをいう。
慎重すぎる人や臆病すぎる人に対して皮肉をこめて使う場合もある。
「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」とも。
さらにこのことわざを転化させて「石橋を叩いても渡らない(用心に用心を重ねたのに、結局実行しない)」や、「石橋を叩いて壊す(用心深くなりすぎた為に失敗する)」などの表現もある。
【出典】
【注意】 「危ない橋を渡る」と混同して使うのは誤り。
誤用例 「あんな大きな博打をして大金を手に入れるなんて、石橋を叩いて渡るようなものだ」
【類義】 浅い川も深く渡れ/石橋に鉄の杖/転ばぬ先の杖/瀬を踏んで淵を知る/濡れぬ先の傘念には念を入れよ/用心には網を張れ/用心は臆病にせよ
【対義】 当たって砕けろ危ない橋を渡る一か八か虎穴に入らずんば虎子を得ず/伸るか反るか
【英語】 Hear twice before you speak once.(二度聞いてから一度言え)
【用例】 「99%安全だと分かっていても、自分で徹底的に調査して、自分の目で確かめるまでは絶対に口に入れない彼は、石橋を叩いて渡る典型的なタイプだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス