石に灸

【読み】 いしにきゅう
【意味】 石に灸とは、何の効き目も、反応もないことのたとえ。

【石に灸の解説】

【注釈】 石に灸をすえても、焼けつかず、ほぐれることもないという意味から。
【出典】
【注意】
【類義】 石地蔵に蜂/石に灸/牛の角を蜂が刺す/蛙の面に水/大黒柱と腕押し/沢庵のおもしに茶袋/土に灸/豆腐に鎹/泥に灸/生壁の釘/糠に釘/沼に杭/暖簾と臑押し/暖簾と相撲/暖簾に腕押し
【対義】
【英語】
【用例】 「どんなに必死に説いても、彼女には石に灸だよ。まるで聞く耳など持っていないのだから」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

石に灸の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス