石に立つ矢

【読み】 いしにたつや
【意味】 石に立つ矢とは、どんなことでも、必死になって行えば必ずできるということのたとえ。

【石に立つ矢の解説】

【注釈】 『韓詩外伝』の楚の熊渠子や、『史記(李広伝)』の李広という勇将が、大石を見誤って虎だと思って弓を射ったところ、立つはずのない矢が石に突き刺さったという故事から。
【出典】 『韓詩外伝』 『史記』
【注意】
【類義】 雨垂れ石を穿つ蟻の思いも天に届く一念岩をも通す一念天に通ず思う念力岩をも通す/志ある者は事ついに成る/成功とは精神の別名なり/精神一到何事か成らざらん点滴石を穿つ為せば成る、為さねば成らぬ何事も/蚤の息さえ天に昇る
【対義】
【英語】 Faith can remove mountains.(信仰は山をも動かす)
Set hard heart against hard hap.(苦難には強い意志を持って立ち向かえ)
【用例】 「石に立つ矢だ、自分が決めたことを簡単にあきらめるものではない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス