石の上にも三年

【読み】 いしのうえにもさんねん
【意味】 石の上にも三年とは、つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ。

【石の上にも三年の解説】

【注釈】 冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということ。
「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。
「石の上にも三年居れば暖まる」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 雨の後は上天気/嵐の後には凪がくる/茨の中にも三年の辛抱/牛の歩みも千里/菰の上にも三年/三年居れば温まる/辛抱する木に金がなる/火の中にも三年/待てば海路の日和あり/待てば甘露の日和あり
【対義】
【英語】 A rolling stone gathers no moss.(転がる石は苔をむさない)
Perseverance kills the game.(忍耐が獲物を落とす)
【用例】 「国家試験を受けるなら、石の上にも三年の気持ちで励まないといけないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス