急がば回れ

【読み】 いそがばまわれ
【意味】 急がば回れとは、急いで物事をなしとげようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だということ。

【急がば回れの解説】

【注釈】 急ぐからといって慣れない近道を通れば、道に迷うなどして、かえって遅くなるもの。
それよりも、多少の手間や時間がかかる回り道であっても本道を行くほうが、結局は早く目的地に着くということ。
連歌師の宗長が詠んだ「もののふの矢橋の船は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」から。
「急げば回る」「急ぐ道は回れ」ともいう。
【出典】
【注意】 ただ「ゆっくり行く」の意で使うのは誤り。
誤用例 「人生は長いものだから、ゆっくり歩けば良い。急がば回れというように、のんびり行こうじゃないか」
【類義】 急がば高火/急ぎの文は静かに書け/急いては事を仕損じる/近道は遠道/遠道は近道/走れば躓く/回るは近道/回るは早道
【対義】 巧遅は拙速に如かず/急かねば事が間に合わぬ
【英語】 Make haste slowly.(ゆっくり急げ)
Slow and steady wins the race.(遅くとも着実な者が競走に勝つ)
【用例】 「一度しか行ったことがない場所だから、少し遠回りになるが知っている道を行くよ。近道もあるのはわかっているが、急がば回れというからね」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

急がば回れの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス