磯の鮑の片思い

【読み】 いそのあわびのかたおもい
【意味】 磯の鮑の片思いとは、片思いをしゃれて言うことば。

【磯の鮑の片思いの解説】

【注釈】 アワビはミミガイ科の巻き貝で、殻が二枚貝の片方だけのように見えることから、「片貝」の「片」と「片思い」の「片」をかけて言ったもの。
『万葉集』に「伊勢の白水郎の朝な夕なかづくてふ鮑の独念(かたおもひ)にして(伊勢の海人が朝夕ごとに海に潜って取ってくるアワビのように私は片思いばかりしている)」という歌があるように、古くからあることわざ。
単に「鮑の片思い」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「所詮彼は遠い世界の人、この恋はいつまで経っても磯の鮑の片思いだわ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス