居候三杯目にはそっと出し

【読み】 いそうろうさんばいめにはそっとだし
【意味】 居候三杯目にはそっと出しとは、人の家に世話になっている者は、食事のときも遠慮しがちになるということ。

【居候三杯目にはそっと出しの解説】

【注釈】 「居候」とは、他人の家にただでやっかいになる者のこと。
他人の家に金を払わずやっかいになっているのだから、食事の際に三杯目のおかわりをするときには、遠慮がちにそっと茶碗を出すということから。
居候の肩身の狭さを詠んだ川柳がことわざになったもの。
「居候の三杯目」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 He that is fed at another's hand may stay long ere he be full.(他人に養ってもらう者は満腹まで時間がかかる)
【用例】 「居候三杯目にはそっと出しというが、彼にはまったく遠慮というものが無い」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス