一銭を笑う者は一銭に泣く

【読み】 いっせんをわらうものはいっせんになく
【意味】 一銭を笑う者は一銭に泣くとは、わずかな金額であっても、お金を粗末にしてはならないという戒め。

【一銭を笑う者は一銭に泣くの解説】

【注釈】 「一銭」はわずかな金額を意味し、はした金だからと馬鹿にする者は、そのはした金が無くていつか泣く思いをするだろうということから。
どんなに小さい金額でも金銭を粗末に扱ってはならないという戒めの意味を込め、また、貯蓄や倹約の大切さを言うときにも使われる。
【出典】
【注意】
【類義】 一円を笑う者は一円に泣く
【対義】
【英語】
【用例】 「小銭だからと言って、無駄遣いをしてはいけない。一銭を笑う者は一銭に泣くものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス