一視同仁

【読み】 いっしどうじん
【意味】 一視同仁とは、誰にでも分けへだてなく、平等に愛すること。また、出身や身分や敵味方に関わらず、どんな人であっても平等に接すること。

【一視同仁の解説】

【注釈】 「一視」とは、同じように見るの意。
「仁」は、思いやり・優しさのこと。
唐の韓愈の『原人』に「聖人は一視にして同仁、近きに篤くして遠きを挙ぐるなり(聖人というものは身近にいるものに手厚くし、遠くの者にもその心を及ぼしていく)」とあるのに基づく。
「同仁一視」ともいう。
【出典】 韓愈『原人』
【注意】 「仁」を「人」と書くのは誤り。
【類義】 怨親平等/博愛主義
【対義】
【英語】
【用例】 「私のモットーは、一視同仁の心で接することだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一視同仁(いっしどうじん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一視同仁の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス