一寸の光陰軽んずべからず

【読み】 いっすんのこういんかろんずべからず
【意味】 一寸の光陰軽んずべからずとは、わずかな時間も無駄にしてはならないという戒め。

【一寸の光陰軽んずべからずの解説】

【注釈】 「一寸」とは、わずかなという意味。
「光」は昼、「陰」は夜のことで、「光陰」は時間、年月の意味。
南宋の儒者朱熹の詩句「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず(若い時期は短いのに学問は完成し難い、わずかな時間も無駄にしてはならない)」に基づく。
【出典】 朱熹・詩『偶成』
【注意】 単に、急ぐという意味で使うのは誤り。
誤用例 「一寸の光陰軽んずべからずだから、一分でも早く目的地に向かおう」
【類義】 一刻千金/光陰に関守なし/光陰人を待たず/光陰矢のごとし歳月人を待たず少年老い易く学成り難し時は金なり
【対義】
【英語】 Nothing is more precious than time.(時間ほど貴重なものはない)
If you lose your time you cannot get money.(時を無駄にすれば、お金は得られない)
【用例】 「一寸の光陰軽んずべからずだ、青春時代の貴重な時間を遊んでばかりいたらもったいないぞ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス