一寸の虫にも五分の魂

【読み】 いっすんのむしにもごぶのたましい
【意味】 一寸の虫にも五分の魂とは、小さく弱い者にも、それ相当の意地や根性があるのだから、どんな相手でも侮ってはならないというたとえ。

【一寸の虫にも五分の魂の解説】

【注釈】 体長わずか一寸(約三センチメートル)の虫でさえ、その半分にあたる五分の魂があるという意味から。
弱者を侮ることへの戒めや、自分の意地を示すときなどに使う。
「一寸の虫にさえ五分の魂」「五分の魂」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 小糠にも根性/蛞蝓にも角/痩せ腕にも骨/八つ子も癇癪
【対義】
【英語】 Even a worm will turn.(虫でも向かってくるものだ)
The fly has her spleen and the ant has gall.(ハエにも脾臓があり、アリにも胆汁がある)
【用例】 「一寸の虫にも五分の魂で、新入社員だからといってあまり馬鹿にするものじゃない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス