一寸先は闇

【読み】 いっすんさきはやみ
【意味】 一寸先は闇とは、これから先のことはどうなるのか、まったく予測できないことのたとえ。

【一寸先は闇の解説】

【注釈】 目の前が真っ暗で何も見えないように、目の前にあることすら見通しができないことから。
一寸は、約3センチメートル。
「一寸先は闇の夜」とも。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「一瞬先は闇」というのは誤り。
【類義】 食えや飲めや、明日は死ぬ身だ/無常の風は時を選ばず/面前に三尺の闇有り
【対義】
【英語】 The unexpected always happens.(予期せぬことは常に起きる)
【用例】 「一寸先は闇で、まさかあの大企業が倒産するとは想像もできなかった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス