一瀉千里

【読み】 いっしゃせんり
【意味】 一瀉千里とは、物事が一気にはかどること。また、文章・弁舌が巧みで、よどみないこと。

【一瀉千里の解説】

【注釈】 「瀉」は、水が下に流れ下ること。勢いよく流れ下ること。
川の水が一たび流れ出すと、一気に千里もの距離を下るようすから。
『福恵全書』に「厳然たる峡裡の軽舟、片刻に一瀉して千里す(厳しい谷の小さな船は、一時の流れで千里も下る)」とあるのに基づく。
【出典】 『福恵全書』
【注意】 「一射千里」や「一写千里」と書くのは誤り。
【類義】 一気呵成/一瀉百里/懸河の弁/竹に油を塗る/立て板に水/戸板に豆
【対義】
【英語】 At full gallop.(全速力で)
【用例】 「その作家は、一瀉千里に小説を書き上げた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス