医者の不養生

【読み】 いしゃのふようじょう
【意味】 医者の不養生とは、口では立派なことを説いているが、実行が伴わないことのたとえ。

【医者の不養生の解説】

【注釈】 医者は患者に養生の大切さを説くものだが、案外と自分自身は注意していないことから。
風来千人(平賀源内)の『風流志道軒伝』には「医者の不養生、坊主の不信心」とある。
不信心な坊主は名僧にはならないが、不養生の医者が必ずしも藪医者というわけではない。
医者に限らず、専門家とされる者は、かえって逆のことをしがちである。
【出典】
【注意】
【類義】 医者の若死に出家の地獄/易者身の上知らず/学者の不身持ち/駕籠舁き駕籠に乗らず/鍛冶屋の竹火箸/紙漉きの手鼻/髪結い髪結わず/髪結いの乱れ髪/紺屋の白足袋/紺屋の白袴/左官の荒壁/算術者の不身代/儒者の不身持ち/大工の掘っ立て/坊主の不信心/椀作りの欠け椀
【対義】
【英語】 Physician, heal yourself.(医師よ、自分の病気を治療しなさい)
【用例】 「あの先生は、大酒飲みでヘビースモーカーという医者の不養生を絵に描いたような人だけど、医師としては優秀だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス