衣食足りて礼節を知る

【読み】 いしょくたりてれいせつをしる
【意味】 衣食足りて礼節を知るとは、人は生活に余裕ができて、初めて礼儀や節度をわきまえられるようになるということ。

【衣食足りて礼節を知るの解説】

【注釈】 衣服と食物は、生活をする上での根本であるから、それらが満たされることによって心にもゆとりができ、礼儀を知ることができるものだということ。
『管子・牧民』に「倉廩実つれば則ち礼節を知り、衣食足れば則ち栄辱を知る」とあるのに基づく。
【出典】 『管子』
【注意】
【類義】 衣食足りて栄辱を知る/憂いも辛いも食うての上/恒産なくして恒心なし/倉廩実ちて囹圄空し/倉廩実ちて礼節を知る/常の産なき時は常の心なし/富貴にして善をなし易く、貧賤にして功をなし難し/礼儀は富足に生ず
【対義】 人はパンのみにて生くる者に非ず
【英語】 Meat and cloth makes the man.(衣食に申し分がなければ立派な人物が生まれる)
Well fed, well bred.(十分に食べ物を与えられた者は行儀もよくなる)
【用例】 「衣食足りて礼節を知るというのだから、道徳を説く前に子供の腹を満たしてあげなさい。お説教はそれからだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス