鼬の道切り

【読み】 いたちのみちきり
【意味】 鼬の道切りとは、交際や音信がぱったりと途切れることのたとえ。

【鼬の道切りの解説】

【注釈】 鼬は同じ道を二度と通らないと言われ、鼬が人の前を横切ると交際や便りが途絶えたり、不吉なことが起きる前兆とされていたという俗言から。
「鼬の道」「鼬が道を切る」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 鼬の道切りは物忘れの催促
【対義】
【英語】 A hare has crossed your way.(兎が君の行く手を横切った)
※ 西洋では、魔女がウサギに化けるとの迷信があり、ウサギが道を横切るのは不吉な前兆とされている。
【用例】 「鼬の道切りで、去年の冬に会って以来、一度も連絡が取れない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス