痛し痒し

【読み】 いたしかゆし
【意味】 痛し痒しとは、両方に同程度の良い面と悪い面があって、どちらか片方を取るのに迷ったり苦しんだりすることのたとえ。

【痛し痒しの解説】

【注釈】 掻けば痛いし、掻かなければ痒いという意味から、やってみたいが困る事情もあるため、やるべきかどうか判断に苦しむということ。
「痛し痒しの痘瘡」「痛し痒しも瘡にこそよれ」ともいう。
【出典】
【注意】 「痛い痒い」というのは誤り。
【類義】 頭押さえりゃ尻上がる/あちらを立てればこちらが立たず/彼方を祝えば此方の怨み/痛し痒し/彼方に良ければ此方の怨み/出船に良い風は入船に悪い/河豚は食いたし命は惜しし/右を踏めば左があがる/両方立てれば身が立たぬ
【対義】
【英語】
【用例】 「彼を立てれば彼女が怒るし、彼女の味方をすれば彼が怒るし、まさに痛し痒しだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス