いつも月夜に米の飯

【読み】 いつもつきよにこめのめし
【意味】 いつも月夜に米の飯とは、苦労のない気楽な生活のこと。また、そうありたいが、現実はなかなかそういかないこと。

【いざ鎌倉の解説】

【注釈】 電気のなかった昔の人にとって月夜の明かりは貴重で、庶民にとって白い米の飯も限られた時に食べるごちそうであったため、それが毎晩続けば申し分ないとされていたことから。
また、そうでありたいとは思うが、なかなかそうはいかずに世の中は甘くないという意味を込めて使われる。
単に、「月夜に米の飯」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 いつも月夜に常九月/負わず借らずに子三人
【対義】
【英語】
【用例】 「いつも月夜に米の飯といきたいところだが、現実は毎日芋粥だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス