一擲千金

【読み】 いってきせんきん
【意味】 一擲千金とは、豪快な振る舞いをすること、思いきって大胆なことをすることのたとえ。また、一度に惜しげもなく大金を使うことのたとえ。

【一擲千金の解説】

【注釈】 「擲」とは、投げる・投げ出すの意。
「千金」は、大金の意味で、一度に大金を投げ出すの意味から。
呉象之の詩『少年行』に「一擲千金すべて是れ胆、家に四壁なきも貧を知らず(一度に大金を賭けてしまうような太っ腹で、家には四方の壁もないくらいなのに貧しいことなど気にしない)」とあるのに基づく。
【出典】 呉象之・詩『少年行』
【注意】
【類義】 一擲百万
【対義】 一攫千金/一攫万金
【英語】
【用例】 「ラスベガスでは、一擲千金の豪遊をした」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス