一知半解

【読み】 いっちはんかい
【意味】 一知半解とは、少ししか知っておらず、十分には理解していないこと。なまかじり。

【一知半解の解説】

【注釈】 一つの知識しかない上に、半分しか理解していないことから。
南宋の詩人であった厳羽が「語りにも透徹の悟りと一知半解の悟りがあるように、文学にも一流と二流がある」と説いたのに基づく。
仏教では、「半解」を「はんげ」と読む。
【出典】 『滄浪詩話』
【注意】
【類義】 一を知りて二を知らず/十を聞いて一を知る/其の一を知りて其の二を知らず/半可通/半知半解/目から耳へ抜ける
【対義】 一を推して万/一を聞いて十を知る/一を以て万を知る/目から鼻へ抜ける
【英語】
【用例】 「一知半解な経済論を熱弁されても……」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス