一頭地を抜く

【読み】 いっとうちをぬく
【意味】 一頭地を抜くとは、他より頭ひとつぬき出ていること。また、学問や芸術などが他の多くの人より一段とすぐれていること。

【一頭地を抜くの解説】

【注釈】 他の人より頭ひとつ分だけ抜きん出ていることから。
「一頭」は、頭ひとつ分の高さのこと。
「地」は、漢文で語尾に添えて語調を整える助辞なので実質的な意味はなく、「一頭地」も「一頭」と同じ意味。
『宋史・蘇軾伝』に「吾当に此の人一頭地を出すを避くべし」とあるのに基づく。
「一頭地を出す(いだす)」「一頭地を擢ず(ぬきんず)」ともいう。
【出典】 『宋史』
【注意】 「一頭地」を「一等地」と書くのは誤り。
「一頭、地を抜く」と区切るのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女の存在感は、子役の中でも一頭地を抜く」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス