一刀両断

【読み】 いっとうりょうだん
【意味】 一刀両断とは、物事をためらわずにきっぱり決断、または処理することのたとえ。

【一刀両断の解説】

【注釈】 「一刀」とは、刀をひとたび振り下ろしたり、斬り払ったりすること。
「両断」は、二つの断つ意味で、一刀で物を真っ二つに切るということから。
『朱子語類』で南宋の思想家朱熹は、人間の将来を憂えて発奮すると食事を忘れ、みずからの楽しみを楽しむときは憂いを忘れて没頭するという孔子の生き方を、「一刀両断」とあらわしている。
現代中国語では、古い関係を思い切って断つ意味で用いられる。
【出典】 『朱子語類』
【注意】
【類義】 快刀乱麻を断つ
【対義】
【英語】
【用例】 「部長は社員の意見を一刀両断に切り捨てた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス