言うは易く行うは難し

【読み】 いうはやすくおこなうはかたし
【意味】 言うは易く行うは難しとは、何をするにしても、口で言うのは簡単だがそれを実行するのは大変難しいということの教え。

【言うは易く行うは難しの解説】

【注釈】 口で言うだけならどんなことでも簡単だが、実行となると口で言うほど簡単ではないという教え。
『塩鉄論・利議』に「言う者は必ずしも徳有らず。何となれば、これを言うは易くして、これを行うは難ければなり」とあるのに基づく。
【出典】 『塩鉄論』利議
【注意】 「言うは易く」に重点を置き、「言うことはたやすいから言う」の意味で用いるのは誤り。
誤用例 「言うは易く行うは難しだから、思いきって言うだけ言ってみよう」
【類義】 言うは行うより易し/口では大阪の城も建つ猫の首に鈴をつける
【対義】
【英語】 There is a great difference between word and deed.(言うと為すとは大違い)
Easier said than done.(口で言うのは行うことよりやさしい)
Easy to say, hard to do.(言うのは簡単だけど、実行するのは大変)
【用例】 「ずいぶんと立派な予定表を立てましたね。言うは易く行うは難しにならなければいいですが……」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス