言わぬが花

【読み】 いわぬがはな
【意味】 言わぬが花とは、物事は露骨に言ってしまっては興醒めするものであり、黙っているほうがかえって趣があったり、値打ちがあるものだというたとえ。

【言わぬが花の解説】

【注釈】 言ってしまえばそれまでだが、言わないところに味が出るという意味。
また、口に出さないほうがかえってよいこともあり、余計なことは言わないほうが差し障りがないということ。
【出典】
【注意】
【類義】 言わぬは言うにまさる/沈黙は金、雄弁は銀
【対義】 言い勝ち功名/言わぬことは聞こえぬ
【英語】 Silence is wisdom when speaking is folly.(しゃべって馬鹿をみるくらいなら、黙っているのが利口)
【用例】 「どんな結末になるのか誰もが容易く想像できるが、それは言わぬが花だよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス