鰯の頭も信心から

【読み】 いわしのあたまもしんじんから
【意味】 鰯の頭も信心からとは、つまらないものでも、信仰の対象となれば有り難いと思われるようになるというたとえ。

【鰯の頭も信心からの解説】

【注釈】 鰯の頭のようなつまらない物であっても、神棚にまつって信心すれば、有り難いと思うようになることから。
第三者の目からはつまらないものに見えても、信心する人にとっては尊くありがたい存在になるということ。
「信心から」は、信心次第という意味。
昔、節分の夜に鰯の頭を柊の枝に刺して門口に飾っておくと、鰯の臭気が邪鬼を追い払うといわれていたことからできた言葉。
何かを頑固に信じきっている人をからかうときにも使われる。
「頭」は「かしら」とも読む。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 白紙も信心から/竹箒も五百羅漢/鼻糞も尊みがら
【対義】
【英語】 Miracles happen to those who belive in them.(奇跡はそれを信じる人に起きる)
【用例】 「鰯の頭も信心からで、彼はガラクタにしか見えないような物を大事にして、毎日拝んでいるよ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

鰯の頭も信心からの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス