画餅に帰す

【読み】 がべいにきす
【意味】 画餅に帰すとは、計画などが実現できなくて、無駄に終わることのたとえ。

【画餅に帰すの解説】

【注釈】 「画餅」とは、絵に描いた餅のこと。
「帰す」は、終わる、戻るの意。
いかに巧みに描けていても、絵に描いた餅は食べられないことから。
『三国志・魏書』に「選挙するに名有るを取ること莫れ。名は地に画きて餅を作るが如く、啖うべからざるなり(人を選び推挙する際には、世の中の評判に頼って選んではいけない。名声などというものは絵に描いた餅のようなもので、食べることはできず、役に立たないのだから)」とあるのに基づく。
「画餅」が「がへい」とも読む。
「画餅に帰する」「画餅に属する」「画餅に終わる」「絵に描いた餅に終わる」ともいう。
【出典】 『三国志』
【注意】
【類義】 絵に描いた餅/無駄骨を折る
【対義】
【英語】
【用例】 「長期間準備してきた計画も、画餅に帰した」

【分類】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス