鎧袖一触

【読み】 がいしゅういっしょく
【意味】 鎧袖一触とは、きわめてたやすく相手を打ち負かすことのたとえ。また、弱い相手に一撃を加えることのたとえ。

【鎧袖一触の解説】

【注釈】 鎧袖は、鎧の袖。
一触は、ほんのちょっと触れること。
鎧の袖が少し相手に触れただけで、敵が倒れてしまうことから。
『日本外史』に「清盛輩の如きに至りては、臣が鎧袖一触、皆自ら倒れんのみ(平清盛たちの連中にいたっては、私の鎧がちょっと触れただけで皆自然に倒れるだけだ)」とあるのに基づく。
【出典】 『日本外史』
【注意】 簡単に相手を負かす、一撃を加えるという意味を含むので、「ちょっと触れる」という意味のみで用いるのは誤り。
誤用例 「鎧袖一触も出来ずに打ち負かされた」
【類義】
【対義】
【英語】 To cut by a single hit.(一太刀で切り捨てる)
【用例】 「鎧袖一触、あっという間に勝負をつけた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス