眼光紙背に徹す

【読み】 がんこうしはいにてっす
【意味】 眼光紙背に徹すとは、書物に書いてあることを、表面だけでなく真意まで理解することのたとえ。読解力に長けていること。

【眼光紙背に徹すの解説】

【注釈】 「眼光」とは、物をじっと見るときの目の光のこと。「徹する」とは、貫いて奥深く達すること。
目の光が紙の裏側まで見通すほど読解力が鋭いということ。
「眼光紙背に徹する」「眼光紙背に徹る」「眼紙背に透る」ともいう。
【出典】
【注意】 何度も繰り返し読むという意味ではない。
誤用例 「眼光紙背に徹するほど何度も読んだのに、未だに真意がわからない」
【類義】 行間を読む
【対義】
【英語】 To read between the lines.(行間を読む)
【用例】 「もっと経験を積み、年をとったとき、眼光紙背に徹すれば君もこの法典が理解できるだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス