画竜点睛を欠く

【読み】 がりょうてんせいをかく
【意味】 画竜点睛を欠くとは、物事をりっぱに完成させるための、最後の仕上げを忘れること。また、全体を引き立たせる最も肝心なところが抜けていること。

【画竜点睛を欠くの解説】

【注釈】 「画竜」は竜の絵を描くこと、「睛」は瞳のことで「点睛」は瞳を点ずるということ。
中国の梁の時代、張僧ヨウという絵師が竜の絵を描き、最後に瞳を入れたところ竜が天に昇ったという故事から、「画竜点睛」は大事な仕上げの意味。
その仕上げを欠いてしまう意味から。
「点睛を欠く」ともいう。
【出典】
【注意】 「点睛」を「点晴」と書くのは誤り。
「欠く」を「書く」や「描く」と書くのは誤り。
【類義】 九仞の功を一簣に虧く仏作って魂入れず/仏作って眼を入れず/仏作っても開眼せねば木の切れも同然
【対義】
【英語】
【用例】 「細かいところはよく描かれているが、肝心の顔の部分が雑な仕上がりでは、画竜点睛を欠く」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

画竜点睛を欠くの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス